●メーカー名
K&H
●商品名
R1200GSLC スタンダードシート ラリーブルー

メーカー品番:S-3203rb

●特徴
前切替、トップは滑り止めブラックレザー使用。
サイドから後は滑り止めブルーのレザーを使用し、縫い合わせラインはシルバーステッチで仕上げています。

●備考
既にラインナップされている【S-3203】スタンダードシートをベースに、トップと前切替をC-52すべり止めブラック、サイドをC-58すべり止めブルー、ステッチはS-03メディアムシルバーで仕上げています。

K&H製シートはシートベースから全て専用設計しております。
サイズダウンした専用の前側取り付けゴムブッシュと交換してからシートを取り付けます。
これによりシートベースを車体側ぎりぎりまで寄せられ、足を下ろす部分や前側に着座する部分に十分なスポンジ厚を確保出来ています。

足を下ろす部分のシートベース幅はフレーム幅ぎりぎりまで細くなっていますが、着座する座面部分の幅は広く取っておりますので、乗り心地の良さと足つきの良さを両立し、長距離でも快適なシートに仕上がっています。

標準シートの高さのままもう少し足つきが良ければ! という方にお勧めです。
同じ高さでも標準シートよりシートの形状も相まって足つきも良く車体を支え易くなります。
足を下ろす際に内腿に当る部分が極端に少なくなりますので、足を真っ直ぐに下ろすことが出来るようになります。
咄嗟のときにも瞬時に足をつくことが出来るようになり、テレレバー特有の車体停止時の急なふら付きにも有効です。

純正シートは前傾斜が強く、長時間走るとどうしても一番低い位置に着座しがちになります。
後ろ上がりの座面で尾てい骨辺りに痛みを感じる事もあります。

K&H製シートでは、純正シートから座面の傾斜を見直すことにより、前後着座位置に自由度が増しています。
乗車位置、乗車姿勢も適正となり、長距離での身体の負担を軽減します。

小柄な体型の方やタンデムの機会が多く、足つきに不安のある方にもお勧めです。


シート高:(ローポジション/ハイポジション)

【Rallye Stayle】
・プレミアムスタンダード:820/840mm
・プレミアムライン:850/870mm
・スポーツサスペンション:890/910mm

・BMW純正シート:850/870mm
・純正ローシート:820/840mm
・K&H製スタンダードシート:850/870mm
・ローダウン仕様車:790/810mm
・ローダウン&K&H製スタンダード:820/840mm

【アドベンチャー(プレミアムライン)装着時】
・ADV 純正シート:890/910mm
・K&H製スタンダードシート:870/890mm

【2016~プレミアムスタンダード車装着時】
・R1200GS:820/840mm
・R1200GSADV:830/850mm

●写真注意
※画像はイメージです。

車種年式型式・フレームNo.その他
R1200GSLC2013~

※その他の適合車種については、メーカーサイトなどをご覧ください。!

【2020春夏新作】 R1200GS ケイアンドエイチ シート関連パーツ K&H ラリーブルー スタンダードシート R1200GSLC-シート

エムブロの2次元コード

いつでもどこでもブログ更新&チェック!便利で気軽な携帯版へのアクセスは左のコードを読み取ってね!

コベルコ 油冷式スクリューコンプレッサ【VS175AD】 販売単位:1台(入り数:-)JAN[-](コベルコ スクロールコンプレッサー) コベルコ・コンプレッサ(株)【05P03Dec16】